ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

フレキシブル・ソウル

ありがとう



「林ちゃん、こっちから入んな」

「猪上(いのうえ)さん、ごめんの、遅くに」



村議員のひとりである、猪上のおじさんが、勝手口を開けて待っていてくれた。



「ふたりとも、おあがんなさい」



奥さんがにっこり笑って、綺麗な薄黄色をした梅のジュースを、グラスに注いでくれる。



「問い合わせてみたんだがな、駅には行ってねえって」

「ほやったら、山のほうかの」

「あっちゃん、お母さんの向かいそうな場所、心当たりねえのか?」



お勝手口に腰をかけて、首を振った。

情けないことに、まったくない。

猪上のおじさんは、力強い手で私の肩を叩く。



「心配すんな、どこかで何かあったんなら、必ず俺の耳に入る。てことは、まだ何も起こってねえってことだ」

「うん」

「林ちゃんの機転に感謝だな、駐在所に連絡したが最後、大騒ぎだ、よりちゃんも帰ってきづらいだろ」



よりちゃんというのは、母のことだ。

近隣の町で育った母は、私を産む時にこの村に越してきた、いわばよそ者だけれど、温かく迎え入れられた。

当時まだ18歳だった母は、猪上さんたちの世代からは、娘みたいなもので。


けど今思えば。

村長の右腕である猪上さんは、もしかしたら、母のおなかの子の父親が誰なのか、最初から知っていたのかもしれない。


< 35/ 154 >