ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

フレキシブル・ソウル

サンクスノベルズ


「サンクスノベルズって、知ってる?」



尋ねると、当然ながら友人は、ぽかんと目を丸くした。



「新しい文庫レーベルか何か?」

「ぜんぜん違う」



私は首を振って、無意味にもったいをつけてみる。

気の長いほうじゃない永田智弥子(ながたちやこ)は面白くなさそうに、ちょっと、と肘で私の肩を押した。


この高校は、校舎の一部が木造だったりするわりに、なぜか全ての教室にインターネット回線が引かれており、好きに接続できる。

ネットデイとかいう活動が流行った時、地元の団体や保護者たちが、自力で天井や壁に穴を開けて線を引きこんだのだ。


けだるい真夏の昼休み。

テニス部を引退して運動量の減った私は、食べたら食べただけ太りそうなので昼食を軽めに済ませ、教室の片隅のPC机に向かった。



「見たほうが早い」

「何をよ」



紙パックのジュースを飲みながら、智弥子が興味津々に寄ってくる。

私はもうそらで言えるまでになったURLをアドレスバーに打ちこみ、右手の薬指でエンターキーを叩いた。





■今日のありがとう[花屋の店主]

201X-07-16 22:32:43


管理人さん、こんにちは。

今日あったお話をしますね。

夕方、小学校中学年くらいの女の子が、お母さんのお誕生日にとガーベラを買いに来たのです。

なぜガーベラかというと、お母さんの誕生花だということでした。

偶然にも、今日は私の誕生日でもあり…




< 1/ 154 >