ケータイ小説 野いちご

義理の兄弟が14人できました。

桜井
響也【ひびや】

誰だろう…この人は。


突然私に抱きついた、見知らぬ女性。


ふわふわとパーマを加えた黒髪から、鼻をくすぐる薔薇の香りがする。



「あの…」


「さゆりちゃん、なんて可愛いのぉぉぉーー!」



私の頬っぺたを両手で挟み、興奮している美人。

目力があって、少し怖い…。

うろたえていると美人の後ろから声がした。



「母さんったら……さゆりちゃん、困ってるよ」



誰……?



優しく目尻を下げて笑う、茶髪のイケメン。


私と美人の間に入ると膝をついて私の手を取る。



「はじめまして。僕は響也。」


「…………はじめまして…」



小さな声でこたえる私に微笑み、頭をポンポンする響也さん。



もしかして子ども扱いされてるのかな…。



「ハハ…さゆりお帰り。」



その光景を苦笑気味に見ていた人物。



それは私の父、匠だ。



「お父さん…」



これはどういう状態…?



「説明するから座ってくれ」



「……」



前の席に三人が座る。



何で3対1なんだろ…。



父に目を向けるとクスリと笑い、隣の美人と顔を見合わせる。



そして揃って私に微笑むふたり。











「再婚するんだよ」














耳を疑った。









「再……こ…ん…??」


「ああ。そうだ」


「誰と……?」


「すまん。紹介遅れたな。こちらさゆりのお母さんになる、恵美さんだよ。」



さっきの薔薇の香りがする美人。



「はじめまして!これから宜しくね!」



お父さん…こんな高嶺の花、どうやって手に入れたの?



「恵美さん…父をお願いします」



ペコリと頭を下げた。



だけど恵美さんは物足りないと言うように
『うーん』と首を捻る。



「さゆりちゃんもだよ。さゆりちゃんも家族になるんだよ」



優しく微笑む響也さん。



「僕は君と兄弟になりたいな」


< 2/ 46 >