ケータイ小説 野いちご

私のおにいちゃん

∞Ⅰ∞
俺の妹



****



キラがおかしいって気づいたのは、




4歳の時で、




気づいたときにはもう遅かった。




*キラ*
『おにいちゃんは、私だけのもの。

パパも、ママも、
おにいちゃんに近寄らないで。』




あのときのキラの目は、死んでいた。




真顔で、妙に肌が白く、




生きているかどうか分からなかった。




*父*
『キラ!いい加減にしなさい!』




*母*
『どうしたの!?』




*キラ*
『おにいちゃんは、私だけのもの。』




震える声で、やっぱり真顔で言うキラ。




*零斗(レイト)*
『キラ、落ち着け!』




*母*
『零斗!危ないわ!!』




キラはあの時、包丁を持っていた。




包丁を振り回して、




俺たちを近づけないように。


< 2/ 261 >