ケータイ小説 野いちご

恋色デイズ

1章



全ての始まりは


入学式の日だった…。



私、橘 穂香は、今日から高校3年生です!


…最上級生かぁ。


私は部活に入ってないから、それこそ自覚が薄いんだけど、ちゃんとしなきゃっていう気持ちだけは背負って、学校に向かうつもりだ。


家から出ると、いつも通り、家の前に女子が1人。


「…あ、穂香おはよ~っ!」


この子は、山田 愛梨(ヤマダ アイリ)。


私の親友だ。


それにしても………


「愛梨……また部活サボったの?」


私が呆れたように言うと、愛梨はアハハ…と笑いながら、困ったように頭をポリポリと掻いた。


愛梨は、バスケ部に所属していて、始業式から早速朝練があった筈だけど、サボったらしい。


…予想通りだった。




< 1/ 40 >