ケータイ小説 野いちご

天の邪鬼の上司

ジレマ



向こうから


加奈子が来た



「あ あの 加奈子 今日食事にでも・・・」


「誘う相手が違います。私は全社員の笑い者にされた上に嫌われた女です」


「あのときのチョコは?」

「捨てました、トイレに 声はかけないでください、一瞬でもときめいたけど
もう部長の事は好きになれません」



その日を境に


加奈子は笑顔がなくなった。


本当笑わなくなった。


< 4/ 40 >