ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

最強の元姫さま!

怒った元姫


若菜side

昨日は、みんなが私のことを信じてくれたってわかった。

だから、今日はなんだかいい気分。

月華は結局、授業を受けずに帰ったけど。

でも、少し安心した。

みんなとは席近いし…ていうかみんなの真ん中が私の席だし。

みんなをみると、

心が痛くなるから。

なんでかなぁ。

また、一番近くにいた人が居なくなっちゃった…。

また、一番近くにいた人に信じてもらえなかった。

私は結局、過去も今も、何も変われてないんだ。

もう、あんなに辛いのはないと思ってたのに。

またこんなに辛いことが起きるなんて。

でも、他のみんなが信じてくれてよかった。

もう、心がボロボロだよ…。


< 67/ 299 >