ケータイ小説 野いちご

最強の元姫さま!

新入生と元姫


若菜side

あれから約1ヶ月。私達は2年生になりました!

新しい1年生も入ってきて、新しい生活が始まった。

でも…私達の関係はずっとそのまま。

よーちゃんは私が月華から抜けたことを知らない。

だから、また月華と同じクラスになった。

3年生に上がるときはクラス替えはないから、3年間月華と一緒。

とりあえず、たまちゃんとりーちゃんが進級できてよかった。

そして、ひとつ不思議なことが起きているのです。

「「若菜ー!」」

「…」

休み時間のたびに現れるこの3人。

なぜか、この1年生3人に懐かれちゃったみたい。

「次なんの授業なのー?」

「若菜。今週ひまー?俺らと遊ぼうよー。」

「なぁ、お菓子もってねーの?」

「ねぇ、ここ2年生の教室だよ」

「「知ってるけど?」」

「なんでこんなに来るの早いの!?」


< 130/ 299 >