ケータイ小説 野いちご

究極のお一人様〜ソロウェディングはお断り〜

究極のお一人様

世の中には、様々なお一人様がある。最近で言えば一人カラオケ、一人焼肉、一人映画。

そういや一人ボウリングなんかもありか。でも、それは正直、やろうと思えば出来なくもない。

まあボウリングはちょっと切ないけど。


焼肉やカラオケや映画なんかは全然問題なし。一人ラーメンなんかも普通に行ける。

だけどこれだけはどうしても首を縦に振れない。

「お願い!雅しかいないの!」

「・・・無理。絶対に無理」

「そんなこと言わないで、お願い。雅に断られたら他、いないの」


仕事帰り、急にご飯でも行かないなんて友達の花奈に誘われたと思えばいきなりのお願い。

友達の頼み事だからなるべくは叶えてあげたいけれどそれだけは無理。


「無理に決まってるでしょ。絶対に嫌よ」

「お願い!雅ならスタイルもいいし、美人だし完璧なのよ」


「そんなに言うなら花奈がやればいいでしょ。私は無理」


「あたしがやっても意味がないのよ。それにあたしじゃ華も何もないし。雅を見越してのお願いなの」


私の拒絶もなんのその。必死で頼み込む花奈。

久々の焼肉。花奈は焼き奉行までしてくれて焼けたお肉をお皿に入れてくれたりまでしていた。

でも、それでも嫌なものは嫌。

< 1/ 56 >