ケータイ小説 野いちご

生きたい。

約束。




由茉が助かってから何日たっただろう。

寝ることしかできない私は

生きてる心地がしなかった。


「美波、ごめんね。

ちょっと日本に戻るね。

でもすぐ戻るから。」


「お母さん、いいよ。

私今日はちょっと元気だし。」


「ごめんね、じゃあすぐ戻るから。」


「あ、ちょっと待って?」


「なに?」


「湊は…もう来てない?」


「もう姿を見かけないって。」


「そう…。」


私のことなんかもう忘れちゃったのかな…。

……………これでいいんだよ。

私はもうきっと湊に会えないから。


これでいいんだよね。



「由茉をつれてきて。」


「わかった。」



< 87/ 94 >