ケータイ小説 野いちご

生きたい。

元気な由茉に。




由茉の手術からどのくらいたっただろう。

今は朝なのか、夜なのか

今日が何日なのか私にはもうわからない。


「美波、調子はどう?」


……………お母さん。


「あのね…」


私はもうしゃべるのも辛い。

なにもしていても苦しいんだ。


「無理してしゃべらなくていいのよ。」


お母さんはそういって微笑んだ。


「由茉ちゃん、今あってきたわ。

傷は痛むみたいだけど順調に回復してるわ。


今はまだだめだけど

ちゃんと美波のところに来るって。」


……………よかった。


由茉はもう大丈夫だよね…?



私はもう動くことも喋ることもできない。

ご飯すら食べられない。



< 82/ 94 >