ケータイ小説 野いちご

生きたい。

友達との出会い。




「お世話になりました。」


翌日、私は1年5ヶ月間入院した病院を出た。

私はお母さんと、佐野さんと一緒に

飛行機に乗って新しい病院へ向かう。


どうせ向こうにいっても変わらない気がする。

だってほら、歩くだけでこの息切れ。

5分歩くのが限界だよ。


「美波ちゃん、ゆっくりでいいからね?」


私は酸素を吸い

たまに脈を図られながら


私は飛行機に乗ってこの田舎町へ来た。



こんな田舎にそんな優れた病院があるのだろうか。




「……………あ、

あそこいきたい。」


私が見たのは小高い丘。

あそこからこの辺りを見渡したかった。


「でも、車椅子なしの美波ちゃんじゃ…」


「佐野さん、お願い。」


もしかしたら

私はもう外に出られないかもしれないから。


ごめん。弱気だけど

今を逃したらもう行けないかもしれない。


私はわがままをいって

時間をかけて丘を上った。




< 48/ 94 >