ケータイ小説 野いちご

佐伯くんの好きなヒト

◆ 佐伯くんの葛藤




( 奏多 side )






ーーーーーーバタン



ミユが出て行って、俺と美優だけがぽつんと残った。




自分の家の扉の閉まる音がこんなにも虚しく聞こえたのは初めて。



「……ちょっと奏多。どういうこと?」


イマイチ状況を把握しきれていない美優は、少し責めるような口調で俺にそう聞いてきた。



けど、今の俺はそれどころじゃない。



怒りと、虚しさと、焦りと。


頭の中でいろんな感情が交差して、自分の中でも何がどうなってるのか分からなかった。





< 97/ 117 >