ケータイ小説 野いちご

君に好きと伝えたくて。

2章
池田屋事件

1864年(文久4年)6月5日


「いいか、お前ら死ぬんじゃねーぞ!」



「「「「おおー!」」」」











新撰組たちは、それぞれの持ち場へと向かったのである。

< 155/ 257 >