ケータイ小説 野いちご

大好きと言わせて!

それぞれの過去
なつきside




また失敗してしまった。


これで何度めだろうか……。



「なつきー!!!もーーー!!またつぶしちゃったのー???!」



「ご、こめん、、なんかこれ難しくてさ……はは。」


もうすぐ卒業式。


高校生にってはや三年。



もうあとちょっとしたら私ももうすぐ卒業して、大学生になる。


「なつきって、たまにドジってゆうか、不器用だよね~~。」


「し、失礼な!!だって、これほんと難しい、、。」


そんな私も、卒業式の飾りのペーパーフラワーの作成に難を要していた。

「たぶん、これ小学生でもできるよ……。」


飽きれかけている私の友達の茜は、よし!っと言うと立ち上がり、叫んだ。



「こんなボランティア、卒業前にシケシケとしてたってつまんない!逃げよ!」


「は?逃げるってどこに?」


「いいから!」



そういって、茜は私の腕をつかむと全速力で走り出した。


「ちょ!!!!!!」

< 32/ 94 >