ケータイ小説 野いちご

コタツと蜜柑

コタツと蜜柑





「冬と言ったらこれだー」

コタツに蜜柑。

うん、最高。

「もう動きたくないー」

ホカホカとしたコタツは、本当に人を駄目にする。

「太るよ?」

同じくコタツに入って本を読んでいた彼氏くんが言った。

「む。」

そっちだって、コタツに入ったら意地でも出ないじゃんかー。

とは言えない。

動かなくていいように、横に本を大量に積んであるじゃないかー。

とは言えない。

「じゃあ、一緒に運動しよう」




何だかんだ言って、一緒にいるこの時間が幸せだから。




< 1/ 2 >