ケータイ小説 野いちご

君のいる病院。

2章 ピーチティーの出会い。

ずっとベッドにいるのもつまらないし体が衰えてしまう。





そんな理由で、気が向いた時は1階へおりてきて用もなく歩いていた。






手には、最近使っていなかった財布。




自動販売機でジュースを買おうと思う。








自動販売機は病院の正面入口とは正反対の所にある。



私がエレベーターで降りてきたのは正面入口の目の前。



自販機につくには、それなりに歩かなければならなかった。














< 31/ 266 >