ケータイ小説 野いちご

君のいる病院。

9章 本当の涙。

夏休みも後半にさしかかってきた頃。












相変わらずほぼ毎日榎本くんと会っていた





私は、もうほとんど発作なんて起きなかった。











たまに頭痛があるくらいで、





回復は異常な速さだった。











これも全て、榎本くんのおかげだろう。












彼のおかげで、私は友達と向き合うことが出来た。
















< 198/ 266 >