ケータイ小説 野いちご

ワケあり上司とヒミツの共有

偶然、公園。
津田の、ヒミツ。

「ま、待って下さい!」

彼女は私の声に振り向く様子も無く、近くのひと気の無い公園にそのまま入って行った。

「待って下さい!津田部長!」

もう辺りは暗いし、このままだと見失ってしまいそうで私は声を上げる。

すると津田部長らしき女性は、丁度街灯の下辺りで足を止め、勢いよく振り向き叫んだ。

< 7/ 360 >