ケータイ小説 野いちご

10年前の約束。

戸惑う心。




優希と練習を始めて2週間がたとうとしていた。


コンクールまであと1ヶ月………。

私のピアノは優希のおかげでかなり上達した。


優希は指導者として本当に向いていると思う。


「優希、今日お弁当作ってきたの。

よかったらどーぞ。」


「おう、さんきゅ。」


優希は相変わらず怖いこともあるけど

優しい一面もあることを知った私は

すっかり優希と仲良くなった。


優希も私を拒否しない。

一部では付き合ってるなんて噂まであったけど

私たちはあくまで師弟関係なのだ。



< 64/ 143 >