ケータイ小説 野いちご

恋愛経験値0のシンデレラ

デートのお誘い?!





『……りちゃん…。』


誰かが私を呼んでいる。


『……ひ……ちゃん!』


この声って……いや…まって。


信じたくないけど…。


『陽依ちゃん、おはよう。』


ほら、やっぱり!!


なんで五十嵐くんがここにいるの?!


『寝顔かわいかった。』


そう言って五十嵐くんは


私の後頭部に手を回しキスをした。




< 42/ 275 >