ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

魔女に恋した王獣

しつこい来客






 いつも通り学校の準備をして、いつも通っている道を通り、学校にいく






教室に向かう廊下を歩いていれば優しく叩かれた肩







 振り向いたとこにいたのは



「…なに、」




「あっ、あのっ!」





 
 ミオだった







< 36/ 347 >