ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

魔女に恋した王獣

あとがき




読者の皆さま、ここまで読んで頂きありがとうございます。
 最後はハッピーエンドにしたかったのですが、いろいろ考えたうえ、このような最後になりました。
 ハッピーエンドを期待していた読者の皆さまには申し訳ないのですが、自分なりにいい作品になったと思います。
 初めは、軽い気持ちで書き始めたこの小説ですが、たくさんの方の感想をいただいてここまで来ることができました。
 自分でも、こんなに長く書いた小説は初めてで、書き終えた時はスッキリした感じと、寂しい感じがまざりいろいろと混乱していた頭ですが、今では作品を書き終えたという嬉しさでいっぱです。

 暴走族ものが好きで、こんなのを書きたいと思っていたら、この小説にたくさんの展開を入れすぎてしまい、自分でもどうすればいいかわからず、更新を止めていたときもありました。

 その時、『更新まってます』など感想をいただいたおかげで、今完結させることができたと思います。

 
 たくさん感想くれた読者の皆さまありがとうございます


 
  ここまで読んで頂きありがとうございました!

    

                 防弾

< 347/ 347 >