ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

魔女に恋した王獣

愛しい人との未来






「あっ、」

  下半身にはしる激痛に、目がさめる。

 
 昨日、
『私を…もらってください。』そういって。

 そのままその夜、ジンとひとつになった

 初めては驚くことばっかで。

 びっくりするところを触られたり、びっくりするところにキスをされた。

 そのたび跳ねる身体を何とか抑えて、ジンについていく。

 だけどやっぱり怖くて、凄くいたくて。

 そのたびジンが『やめるか?』って、ずっと聞いてきて。
 だけど、痛くてもジンに触れたかった。
   ジンとひとつになりたかった。

  私が首を降って『続けて』って、言えば


 『愛してる』って、甘い顔でいってくれて。

 ひとつになったときは、凄く幸せだった

  初めは痛いだけの行為が、何回か動く度に声を押さえきれないほどの快感が襲ってきて。

 最後に、一気に上に押し上げられて。そこで私の意識は途切れた。


  横で寝息をたてるジンの唇に、そっとキスを落とした
  
 
  そして、そっと開かれた瞼の奥の瞳が、私をとらえる

   数秒見つめあったあと、私の手がお腹にあることに気がついたジン

「腹、いてぇか…?」


「少し…」

  少し動く度にくる激痛。

 
  
  優しくお腹の上をいききする手に、そっと自分の手を重ねる



< 342/ 347 >