ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

きみへの想いを、エールにのせて

第2章
大きな挫折


それから3日後。
私は約束通りクッキーを作り、結城君に初めてのラインのメッセージを送った。

なんと書こうか迷い、何度も書いては消し……結局送ったのは【クッキーできました】のひと言だけ。

泉や理佐にならいくらでも書けるのに。

緊張したままスマホを手にしていると、10分ほどして返信があった。


【サンキュ。それじゃあスイミングに行く前に取りにいっていい?】


スイミング! 
それじゃあまた泳ぎ始めたんだ。

彼の下した決断がうれしすぎて泣けてくる。


【うん。でももしよかったら、練習見にいってもいいかな?】


それはそれは勇気を出したメッセージ。

でもやっぱり迷惑かもしれないと、慌ててメッセージを削除しようとしたけれど、”既読”になってしまった。

< 88/ 374 >