ケータイ小説 野いちご

白い息と消えた


「成宮ー、至急コレ頼む」


「はい、わかりました」



オフィスのデスクから立ち上がり、ずいと腕を伸ばして差し出される書類を受け取って戻った。


開いていたファイルを一度閉じて、新しく立ち上げる。


至急と言われているから急いで終わらせて持っていけば、この仕事を私に頼んだ、神崎班長がふっと微笑んだ。



「さすが、成宮。助かった。ありがとう」


「いいえ、」



私はデスクに戻るとちらりと視線を向け、パソコンを見つめる真剣な表情に胸が鳴った。


神崎班長は私と同期だ。


一緒にここ本社へ入社したのだが、数年地方に異動になり今年戻ってきた。


それも、班長と言う少し上の立場で。


もともと仕事のできる人で、とてもカッコイイ。


日に日に彼が気になってしまって仕方がないけれど、今はただちらりとその姿を見るだけで精一杯という感じ。


気さくで、イケメンで、仕事も出来て。


そんな人はもちろん、女子が黙っちゃいないわけで。


今日もまた、食堂の彼の隣にすかさず座ったのは、隣の班の新人の女の子。



「神崎せんぱぁい、隣イイですかぁ?」



口調もさることながら、全身からスキスキオーラを出して神崎君の袖をつんと引っ張った。



「……言う前からもう座ってんじゃねぇーか」



ぼそりと聞こえるのは同じく同期の七瀬君と八重子から。


左右からほぼ同時に聞こえてきたつっこみに、私は苦笑を洩らした。


< 1/ 20 >