ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

Dollyと鬱夢

始める前のアフタヌーンティー



さぁ、紅茶をいただきましょ?

…それよりも、此処の説明の方をしてほしそうね、



私はこの夢の者、

名前はdolly(ドリー)っていうの、

可愛い名前でしょ?

この名前気に入ってるの、

自分で付けたんだけどね?


話がそれたわね、

此処はあなたの夢の中、

でも私の世界でもある場所、

ここに朝と昼なんてないわ、

ずっと真夜中のままよ、

時計は深夜0時から4時までしか指さないわ、

メモリだって5つしかない、

午前なんてものもない、

非現実的物しか無いようで、

実はあなたのすぐそばにあるものでここはできてるのよ?

可笑しいでしょ?そうよね、笑っちゃう



そしてこの世界の名前はーー…

あら、もう4時がくるわ、

紅茶も冷めちゃった、

安心して、

起きた時には元の世界よ、

死になんてしないわ、


今日はお帰りなさい、

また次この世界に来る時、

この世界の名前も教えてあげるわ、




それじゃあさようなら、

< 1/ 1 >