ケータイ小説 野いちご

伝説の女~元No.1ホスト

third

「実は僕、あんまり女性とデートとかしたことなくて…」と翔さんは言い出した。

えっ?ホストよね?女性の扱いも慣れてるんじゃ…

声に出てたのか、笑われた。

「こんな変人、相手にしてくれる人いないんですよ~」なんて笑ってくる。

変人!?どこが…。

「講師に声かけていただけて、僕、嬉しいっす」と翔さんは言った。

クソっ、口説きてぇ…。

初めてそんな感情が湧いた。

今まで私は飛鳥一筋で恋愛なんて長らくしてこなかった。

それは仕事を口実に恋愛から逃げてきたのかもしれない。

けど…今は無償にこの人を口説きたい衝動に刈られてる。

そして私はまたしても口走っていた。

「あなたは私のどストライク、タイプだわ」って。

「顔も性格も考え方も…全てがタイプだわ」って。

言ってしまった…。けど、後悔はない。事実だもの。

私は色々話したくなって、飛鳥のことや、クラブのことを話してしまった。

なのに彼は嫌がることなく、楽しそうに話を聞いてくれた。

翔さんもたくさん話してくれた。

自分のことや、今のオーナーのことまで。

オーナーに凄く大切にされてるのがよくわかる。

私もそんなオーナーになりたい…。

翔さんと過ごす時間はとても楽しすぎた。

< 25/ 42 >