ケータイ小説 野いちご

好きっぽい★

大好きなのはいちごミルク

それから数日後。

今日はあたしの誕生日。

あたしはカジの家に向かった。

花火大会の前にふたりでお祝いしようってことになったんだ。

結局あたし達はサークルを辞めていない。

“オカルトをこよなく愛すること”って、規約は、カジ君が代表の権限で削除しちゃったんだ。

実は、あたしが怖がりだってこと、みんな気づいてたみたい。

ミサコ先輩はわざとからかうために、あんなヘンなDVDをあたしのプレゼントに選んだんだって。

やっぱり変わった人ばかりだ、オカルト研究会って。

それでもあたしはそんなみんなが大好きなんだ。




カジ君の家に到着すると、なぜか中は騒然としていた。

お母さんが真っ青な顔してバタバタ動き回っている。


「どうしたの? 何かあったの?」


「うん……まぁ……」



カジ君はその場では言葉を濁すと、あたしを自分の部屋につれていった。



そして、大きくため息を吐き出すと、やっと教えてくれた。


「兄貴がまた家出した」


「え……」



< 99/ 108 >