ケータイ小説 野いちご

好きっぽい★

容疑者その③:ツッチー

驚くあたしに、ミサコ先輩はコクンと頷いた。


「うん。トイレ行くっていうからさ。『じゃ、ついでにお願い~』って頼んじゃった」


ミサコ先輩はそう言って肩をすくめた。

ということは、ツッチーなの?


あたしにキスしたのって。


アイツぅ~!

なんかムカついてきた。

あんな酔っ払いにキスされたなんて!

そういえば、ツッチーはお酒が入るとキス魔になるんだった。

誰彼かまわずキスしたあげく、本人はすっかり忘れちゃってんだから……ほんとタチが悪い。

アイツ、あたしにキスした後、そのまま廊下で寝ちゃったってわけか。

うう……。


「きぃ―――! 最悪~! ツッチーにキスされるなんて! それならミサコ先輩の方が良かった~!」


ストロベリーフラッペをスプーンでジャクジャクとかき混ぜながら文句を言っていたら、背後から声がした。



「誰にキスされたって?」


「へ?」



< 32/ 108 >