ケータイ小説 野いちご

アラビアンナイトの王子様 〜冷酷上司の千夜一夜物語〜

間抜けな部下のそれほどでもない秘密




 朝、チャイムを連打されて、那智は目を覚ました。

 何処の子供だ。
 ピンポンダッシュか?
とインターフォンの映像を確認すると、遥人だった。

「なんなんですか、朝早くにもう~」
と言いながら、鍵を開ける。

 遥人は中を窺いながら、
「あの男は居るのか?」
と訊いてくる。

「桜田さんですか?
 帰りましたよ。

 もともと仕事抜けてきてただけなんですから」

「いいから入れろ」

「はいはい、わかりましたよー」
と言いながら、那智は中に入る。

 遥人は後ろをついてきた。

「おはようございます。
 今朝は何処から来られたんですか?」

「家からに決まってるだろう」

「……梨花さんは?」

「帰ったよ」

 いつ? と突っ込みたかったが、ちょっと突っ込む勇気はなかった。

< 109/ 276 >