ケータイ小説 野いちご

君の隣でクリスマスを祝う

君の隣でクリスマスを祝う
冷たい手



 吐息が――

 私たちを取り巻く空気をじんわりと湿らせる。

 二人の身体から発せられる熱が、この部屋の温度を上げ、凍える外界と私たちとを薄く隔てる窓を白く染め上げていく。


 私に触れる彼の手はいつも冷たい。

 ひんやりと細い指が私の身体を這い、火照る私の輪郭をくっきりと浮かび上がらせる。

 彼の手の冷たさは、私の感覚をより研ぎ澄まさせ、言い知れぬ快楽を連れてくる。


 彼の情熱を受け止めきれぬ私は、その刹那全身を震わせ、深い夜の闇へと意識を落とした。



< 21/ 53 >