ケータイ小説 野いちご

ひとみ

夏の終わり




学生の特権の長い夏休みも残すところあと1週間となった。
もう、9月も半ば、これといってなにかをしようと思っていた訳ではないが、同じような毎日を過ごしてしまったことに、少しだけ後悔してしまう。
家の外で喧しいくらいに鳴く蝉の声すら、過ぎていく時間を嘆いているように聞こえてしまう。

「おはよう、駿平君」

例によって、ボクが朝飯の準備をしていると、見計らったように、ひとみさんが姿を見せる。
寝ぐせのついた頭を手でかきながら、大あくびをしている。
なんやかんやと、彼女との同居が始まり、半年近くとなる。
始めは、ワガママな彼女のペースに自分のリズムを乱され苦労はした。
だが、いつのまにか、そんな生活は当たり前の日常と化している。
不思議なものだ。

「ねぇ、駿平君、どっか旅行でも行かない?」

スクランブルエッグを作っているボクに、ひとみさんは声をかけた。

「旅行ですか?」

「そう、近場でもいいけどさ、たまには遊びに出かけてみない?」

彼女の提案は悪いものでもないと思った。
少しくらい、夏休みの思い出も作っておきたいし。

「いいですねぇ。どこか、あてあります?」

ひとみさんはしばらく考えてから口を開いた。

「伊豆半島あたりドライブとかどう?」

伊豆かぁ、悪くないな、魚とかも美味しそうだし。

「いいですねぇ。でも、車無いですよ、うち。レンタカー借りますか?」

「当然。よし、そうと決まればさっさと支度しなきゃ」

嬉しそうな顔でひとみさんはボクに微笑みかけた。


< 64/ 110 >