ケータイ小説 野いちご

嗚咽と共に毒を吐き出す

嗚咽と共に毒を吐き出す
9:助けてなんて言ってない




助けてなんて言ってないし

始めから期待もしてなかった


だから今さら

ガッカリなんてしないから


もう諦めて

見捨ててくれて構わないよ

なんて


心にもないこと言おうとして

でも本当に見捨てられると思うと辛くて

口を閉ざしてしまう


結局わたしは甘えてるんだ



ああ、嫌になるよ



< 10/ 25 >