ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

自殺列車

腕相撲

「やめて!」


優志へ向けられた拳を見て、あたしは思わずそう叫んでいた。


優志は殴られないように腕で顔を覆い、中腰になっている。


「こんな弱そうなヤツ、殴ったりしねぇよ」


「え、そうなの?」


駆け寄ろうとした足を止め、あたしは朋樹を見上げた。


朋樹は呆れたような顔をしていて、本当に危害を加えるつもりはなさそうだ。


なんだ、それならよかった。


そう思い、一旦は胸をなで下ろす。


しかし、「腕相撲で勝負しようぜ」朋樹の言葉に、あたしは目を丸くした。


朋樹の腕は優志の倍くらいの太さがあり、筋肉が盛り上がっているのがわかる。


腕相撲で勝負しなくても、勝敗は目に見えている。


「な、なんで俺がそんな事しなきゃいけないんだ」


「自分の力が通常通りあるかどうか試すためだ」


「そんな……」


優志の顔はサッと青ざめる。


朋樹に本気を出されたら優志なんてひとたまりもないだろう。

< 25/ 222 >