ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

自殺列車

青い蝶

田舎の、小さな駅舎が見える。


改札口の向こう側にすぐホームが見え、線路は1つしかない。


あたしの前をヒラヒラと踊るように飛んでいた青い蝶は、駅の入り口をスイッと抜けてホームへと出た。


あたしはその美しさに見惚れたまま、フラフラと無人改札を抜けホームへと立った。


「あれ……?」


ホームへ出たのはいいけれど、さっきまで人を誘うように飛んでいた蝶の姿はどこにもなくて、あたしは周囲を見回した。


小さなホームにはあたしの他に5人の男女がいて、それぞれ本を読んだり、欠伸をかみ殺したりしている。


そのどこにも青い蝶の姿はなく、あたしは肩を落とした。


その蝶は歩いていたあたしの前に突然現れたのだが、今まで見たことのない美しさに思わず浮いてきてしまったのだ。


昆虫などには興味のかけらもないあたしが、どうしてあの蝶にそれほど魅入られていたのか、その姿が見えなくなった今は疑問だけが残ってしまった。

< 1/ 222 >