ケータイ小説 野いちご

ゼロの相棒

第2章星の町
過去と禁忌





「ほら、見えるかな?あれが本当に少年だった頃のゼロだよ。」




ジンが指を指すと、ぼんやりと見えていたものが、だんだんと鮮明に映っていく。



そこには見慣れた黄金の髪の毛をした少年がいた。



その隣には、漆黒の髪の毛をした少年と、薔薇色の瞳の少女がいる。





あれはジンと、…ラグナさんかな?





ジンが微笑みながら静かに言う。




「この頃、僕らは出会ったばかりでね。


ゼロは都市の外れにある森の中の小屋に住んでいたから、よく三人で森に入って遊んだんだ。」





映像を見ていると、そこに険しい顔つきの六十代ぐらいのおじいさんが出てきた。



おじいさんは杖を振り回して、子ども達を追いかけている。




「彼が、ゼロの育ての親、グランさん。

怒ると、とっても怖いんだよ。


でも魔力はとてつもなく強くて、城で働いてたこともあったんだ。」




映像の中の四人は楽しそうに笑っている。




「なんだか微笑ましいわね。

この人から生まれたのなら、ゼロの魔力が高いのも納得できるわ。」




私の言葉を聞いて、ジンは顔をしかめた。




「いや、グランさんは、ゼロの本当の親ではないんだよ。」





え…?





「ゼロはここで生まれたんじゃないの?」




私が顔を上げてジンを見ると、彼はカーペットの上の思い出を見ながら口を開いた。






< 75/ 508 >