ケータイ小説 野いちご

ゼロの相棒

第4章守護者と真相
塔の守り人





****


朝、ベッドの上で目覚めると、
天井の模様が雲と青空に変わっていた。




本当に魔法で装飾が変わるんだ……!



感動して部屋を見渡していると、先に起きていたゼロが部屋に戻ってきた。





「おはよう、フィオネ。
準備ができたら出発するからな。」





私は胸が高鳴ってきた。




今まで、ずっとそこを目指して旅をしてきた



長いようで、短かったようにも思える。




ついに、“最果ての丘”を見れるんだ…。





私は、荷物の整理を終わらせると、素早く着替えて、パンをくわえた。




「別に急がなくてもいいぞ。」と、ゼロはココアを飲みながら言う。




最近わかったゼロのことは、
無愛想でクールな顔に似合わず、甘いものが好きということだ。




ゼロの中では、寒い土地ではココア、と
決まっているようで、昨日、寝る前にも飲んでいた。




私がじっと、見つめていると
ゼロがその視線に気づいて言った。




「ん?心配しなくてもフィオネの分もあるぞ。」




ココアのことを気にしてるんじゃないってば。



心の中でそう呟くと、私はパンを一口で
食べた。






< 247/ 508 >