ケータイ小説 野いちご

ゼロの相棒

プロローグ






“王族の魔法使いは、人間と恋に落ちてはならない。”





これは、私の家にある、国の言い伝えを
まとめた本の中にある言葉。




私はフィオネ。


歳は十六歳で性別は女。


魔法の使えない、普通の人間。




私の住む国フロネシアでは、魔法使いと人間という二つの種族が共に暮らしている。




もちろん、人間と魔法使いが恋に落ち


結婚した、なんてことも、珍しくはないことだ。




しかし国を治めるほどの力を持つ魔法使いともなれば、話は別。





王族は、人間と血が混じる事を禁忌としている、と


私と一緒に住んでいるジェノバという老人から聞いた事がある……。






< 1/ 508 >