ケータイ小説 野いちご

好きor嫌い?クールな彼に振り回されて

素直に
翔真side





【また寝坊した!
今日も後のやつ乗るわ】




健太からそんな連絡が来た頃には、俺はいつも通りの時間の電車に乗り込んでいた。



……そういえば、ホームで岩堀を見なかったような…?



最近は電車内でっていうより、ホームでアイツを探してしまう。



まさか……また健太と一緒に…?



モヤモヤしながら吊革を握ると、ちょんちょんと肩を叩かれた。




「おはよう!翔真くん!」



「あぁ…おはよう、須藤さん」




叩いたのは須藤さんで、ニコニコと笑みを浮かべながら挨拶してきた。



可愛らしい子だ。



岩堀も昔はこんな感じだったのにな…。




「あ、
今日…岩堀は…?」



「由佳菜ちゃん?
体調崩して休みだって」



「……そ、なんだ」



「あの…
……翔真くんが由佳菜ちゃんのこと嫌いなのはわかるんだけど、
そんなに気にするほど会いたくないの?」




須藤さんが、悲しそうに眉を下げる。



……会いたくない、なんて、そんなわけない。






< 82/ 244 >