ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【完】恋のおまじないNo.1

カズマとあたし

ゆめside



…カズマ、走って行っちゃった。



もっと話したかったな。



いつも学校ではほとんど話してくれない。



避けられてるのもわかってる。



けど、カズマはあたしの幼なじみだから…他の誰より信頼できるし、一緒にいると落ち着くのになぁ。



どうやったら、前みたいに戻れる?



そのためには、おまじないを封印しなくちゃいけないのかな。



恥ずかしい趣味…かぁ。



大好きなことをそんな風に言われると、落ち込むよ。



「宇佐美さん、おはよう」



「ああっ、桃ちゃん。おはよ~っ」



ぼんやりとカズマが歩いて行った方を眺めていると、桃ちゃんに声をかけられた。



話しながら、一緒に教室まで歩いて行く。



そうだ…。



桃ちゃんに確認したいことが、あったんだ。




< 120/ 272 >