ケータイ小説 野いちご

君のそばで会おう ~We dreamed it~

何千回も夢見たこと
  抑えられない思い




「想ちゃん、名前変わったの?」


大人になった可南子は、想太のこれまでの15年の日々を知るはずはなかった。



「ああ、変わった・・・

その前に、その想ちゃんはやめてくれ。

俺は・・・

俺は、もう、以前の想太じゃないから」


可南子は、素直にこの再会を喜べない自分がいた。
そう考えること自体、きっと、可南子も変わってしまっている。


「さっき、想ちゃ、あ、部長は、可南子に捨てられたって言ってたけど、どういう意味?
私は、想ちゃんの事を捨てたなんて、そんなこと絶対にありえないんだから」



「そんなくだらない話はどうでもいいんだ。

お前がどう思ってたかとか、俺にとっては全く関係のない話さ。

俺は、俺がやりたいようにやる。
ただ、それだけ。

可南子、覚悟しとけよ」











< 9/ 246 >