ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

カ・ン・シ・カメラ

やめられない

結局、クローゼットの中に死体があるのかは、わからないままだった。


だけど、颯はクローゼットの中を確認した。


なんのために確認したのか?


そんなの、考えなくてもわかる。


死体がちゃんとそこにあるかどうか、確認したのだ。


夕飯を終えて自室に戻ったあたしは、自分のベッドに横になった。


そしてすぐにスマホのアプリを起動する。


昨日あんなものを見たばかりなのに、監視カメラを確認することに抵抗はなかった。


カメラが起動すると、すぐに颯の部屋を映し出す。


ついさっきまで一緒にいた部屋に、思わず頬が緩んだ。


颯はベッドに寝転がり、漫画本を顔の上に置いたまま眠ってしまっている。


「もう、だらしないんだから」


そう呟き、クスッと笑う。


でも、こんなふうに漫画を読みながら寝てしまうということは、颯は本当に自分の進路を何も考えていないということだ。

< 82/ 224 >