ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

カ・ン・シ・カメラ

顔見知り

それからあたしたちは学校の近くにあるファミリーレストランに入っていた。


お店の中には数人の学生の姿がある。


あたしと颯は案内された、窓際の2人席に座った。


向かい合って座っていると、「あれ、颯君だ」「あ、本当! 今日はデートなんだぁ」という、女の子たちの声が聞こえてくる。


なんだかんだ言ってもあたしたちは周囲も公認のカップルだ。


邪魔をしてくる生徒はいない。


「今日の特別授業真剣に聞いてたね」


「あぁ。今実際に学校へ通っていたり、働いていたりする卒業生の話を聞いたんだ」


「へぇ、そうだったんだ」


あたしは冷たい紅茶を一口飲んだ。


「颯は、高校を出たらどうするの?」


あたしはそう聞いた。


今までにも何度か同じ質問をしたことがあるが、颯の答えはいつも曖昧だったのだ。


「俺は、とりあえず家にいられればそれでいいかな」


「へ……?」


颯の言葉にあたしは目を丸くする。


家にいれればそれでいい?


そんな返事がくるとは思ってもいなかった。

< 63/ 224 >