ケータイ小説 野いちご

カ・ン・シ・カメラ

あたしだけを

あたしは颯が出て行った玄関先で、茫然として立ち尽くしていた。


「信じられない……」


彼女よりも妹を優先させる颯の行動に深くため息を吐き出す。


颯と出会ったのは1年半前。


学校の行事で全校集会が行われた時だった。


あれは確か学校の創立記念日で、卒業生たちを招いた大きなイベントが行われていたんだ。


それは文化祭のように沢山の屋台が出て、在校生による出し物が披露されるようなイベントだった。


1年生だったあたしは初めてのイベントだったけれど、飲み物の担当になってしまった。


会場に入ると無料で飲むことのできるフリードリンクだ。


卒業生在校生合わせて1000人を超える大イベントのフリードリンク係りは想像以上に体力を使うものだった。


紙コップの数も飲料の種類も信じられないほどに多く、ペットボトルの入った箱は山積みになっている。


そんな中、あたしの隣でずっとフォローしてくれていたのが颯だった。


颯は1度このフリードリンク係りをやったことがあるらしく、さすがに手際がよかった。


各種類の飲料をある程度コップに注いで準備し、あたしはそれを手渡すだけだった。

< 6/ 224 >