ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

カ・ン・シ・カメラ

兄の友人

パンフレットを片手に部屋を出た時、向かい側のドアが同時に開いた。


「あ、こんにちは」


出てきた相手には見覚えがあり、あたしは頭を下げる。


「お邪魔してます」


そう言い、爽やかに微笑む青年。


身長は颯よりも高く、やせ形の彼はお兄ちゃんの友達だ。


あたしは玄関に見知らぬ靴があった事を思い出していた。


彼は何度か家に来た事があり、名前はたしか……叶篤夢(カノウ アツム)だったと思う。


お兄ちゃんと同じ北松高校(キタマツコウコウ)の3年生だ。


「何を持ってるの?」


そう聞かれ、あたしは自分の手元に視線を落とした。


そこには、つきさっき購入する事を決めた通販雑誌が握られている。


「通販雑誌です」


「へぇ、雑誌の方で買ってるの?」


「ネットでも買いますよ? でも今日はポストに入れられてたから」


「あぁ、そうなんだ。ネットで買う時は言いなよ? 通販サイトのポイントが貯まってるから」


「え、いいんですか?」


思わぬ言葉にあたしは目を輝かせる。

< 21/ 224 >