ケータイ小説 野いちご

【完】そんなに好きにさせないで!

■連絡先をGETしましょう



「おっ、三村、ちょうどいいとこにいた!」




「え?」




「今日の放課後、少し時間あるか?」




昼休みが終わりそうな時に、担任に声をかけられる。




なんとなくだけど、はいっていうと面倒なことになりそう……





「あのー今日は少し用事が―……」




「図書委員の子が今日は病欠でなー」




「あ、あの……」





「その子の代わりに放課後、図書の整理をしてくれる生徒を探してたんだ」





「いや、だから、あたし放課後は……」






< 70/ 359 >