ケータイ小説 野いちご

【完】そんなに好きにさせないで!

■諦めさせてください



『放課後、資料室で待ってる』





あの後、早坂先輩から来た一通のメール。




普段なら言われなくても早坂先輩に会いに行ってる。




どんなに嫌がられても……



どんなに迷惑な顔されても……




それでも、会いたいって気持ちの方が勝っていたから……




でも今は……




「……琴葉、帰ろう?」




「……うん」




初めてだ。




早坂先輩に、会いたくないなんて思うことは……






< 188/ 359 >