ケータイ小説 野いちご

空に舞う桜

プロローグ



どうして、こんな事になってしまったんだろう。




「はあっ……はあっ……」




あちこちから、大砲の音と怒号が聞こえてくる。




町から離れているこの林まで、音は響いていた。




そして、私は今、その林の中を全速力で走っている。




ある人を、助けるために。




「お願い、生きてて……

 絶対に、見つけるから……!」




強く、そう願って。




私は、また地を蹴る。




あの人は……あの人だけは、失いたくないの。




やっと、あの人なら心から大好きだって、言えるって思ったの。




だから……




「死なないで、丞さん……!」




薄暗い林の中を、私は必死に走り続けた。




息苦しくて、頭がぼんやりとするけど、足だけは止めない。




私が、あの人を助けるんだから。




……だけど、こんな状況なのにも関わらず、私の脳裏には、丞さんと出会った日の出来事が、思い浮かんだ。




まるで、思い出の中を駆け抜けるように……


< 1/ 128 >