ケータイ小説 野いちご




大学1年の春。

入学して3週間が経つ頃。
周りはとても騒がしかった。


新しい環境、新しい学校、新しい友達…


これからここでどんなことがあるのか、期待に満ち溢れてキラキラと輝いていた。



でもその光はどこにでもあるものじゃない。



俺は知っている。



暗くて何も見えない、光なんて一切見えない孤独。



"もうあの頃には戻りたくない"





< 1/ 9 >